世田谷にもあった、局番二桁物件

IMG_2211
世田谷のはずれで、新たな局番二桁物件を見つけました。
八百屋の看板です。保存状態も極めて良好。

「ここ本当に 03地域だったっけ」
と心配になり、近くで見つけたのが下の看板。

IMG_2216現在使われているのが 3708という局番です。
最初 70だったのが三桁化で 708になり、さらに四桁化で 3708になったという流れです。

この歯科医院も、四桁化で付加された 3だけちょっと書体の位置がヘンなのがご愛敬です。

今回意外だったのが、70という局番の前に「TEL」という略語が書かれていることです。この店が電話を引いた時点で、「TEL」というのが電話番号の略語としてすでに通用していたことを示します。

些細なことですが重要です。

IMG_6697
ある神社に奉納された商店の名前。この中に一軒だけ 二桁局番の電話番号を刻んでいる店があります。

三田「電高」
ところが「電高 三十一番 二一九三番」とどうもおかしな表記になっています。
こうしたところに電話番号を表記する際のルールが確定していなかった時期のものではないかと考えています。

IMG_2211そうしたものと較べると、世田谷のはずれに残っているこの看板の電話番号表記はじつにこなれたものになっています。

世田谷にもあった、局番二桁物件” への2件のコメント

  1. Re:ある神社に奉納された商店の名前の と 電高 三十一番 二一九三番
    電高 は 「電話 高輪(たかなわ)」 の 省略文字で、
    高輪44 の 31番 と 2193番 の 2つの電話番号 らしいです。
    国会図書館 の で 閲覧できる
    1927年(昭和2年)10月 1日現在の 東京 電話番号簿の 表紙(?)の 局番号一覧にある 44 高輪 は ◎がついてない 手働局です。
    同じ電話番号簿のp28には 自働式電話区画図があります。
    この図によると 局番31は ありません。
    上の電話帳は の中に引用されていました。
    とりあえず お知らせいたします。

  2. 淺川さん

    貴重な情報をご教示くださり、ありがとうございます。
    「電高」は「電話 高輪」の略である、かつ局番三十一は存在しないという傍証まで紹介してくださり、目から鱗が落ちる思いです。

    私はこれまで、商家の看板などに残された古い電話番号だけを追いかけてきましたが、その裏付けとなる文献にもアプローチしていかないといけませんね。
    国立国会図書館の文献も最近は多くがネットから閲覧できるようになっていますので、私も取り組んでみることにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です