石に刻め、電話番号。

数年来、電話線柱の標示板を追っかけています。

IMG_1220他愛のないことですが、この標示からいくつかのことが簡単にわかります。それらについてはまたの機会に記すとして、電話を追いかけていると、たまに珍しいものが見つかります。

IMG_2772
商家の看板。
かつては木彫りの浮き出し文字に金箔を押したものが取り付けられていたのでしょうが、それがすべて取り外され、文字の痕だけが残っています。
そういう看板はたまに見かけますが、そこに書かれた電話番号をよく見ると、東京なのに局番が35。二桁しかありません。
東京の局番が現在のように四桁になる前は三桁、さらにその前は二桁でした。

徹底的に探したわけではないのですが、私はこういうのを都内でようやく四件見つけました。

image
局番49。大崎で見つけました。
市外局番の03がないと東京のものと証明できませんが、この当時の長距離通話は交換台に申し込んで手動でつないでもらう仕組みでしたので、市外局番はついていません。

東京の局番が四桁化されたのは一九八八年から数年間のこと。
すでに四半世紀が経過したわけですが、いまでも商店の看板などに局番三桁のままの電話番号をごく容易に見つけることができます。
手書きで一桁書き足しているのも普通に見かけますよね。

2009-07-19 17-45-00
見るからに古そうな看板ですが、これでも書かれた電話番号は局番三桁。
私は、古そうな看板を見かけると必ず電話番号をチェックする癖がついてしまいました。ですがそのほとんどが局番三桁です。

東京の局番が三桁化されたのは現在から五十年以上前のことだそうです。
その時代に電話番号入りで書かれたものとなると、そうあちこちに残っているわけではないでしょう。現在まで残るための条件も限られてきます。生き残りの厳しい繁華街では商店も看板もどんどん新陳代謝されていきますし、逆に商売が繁盛しすぎると看板も新しく付け替えられてしまいますから古いものは残りません。ガラスやアクリル、プラスチック、ビニールなどで作られた看板はすでに耐用年数も過ぎているせいか古いものはまずありません。

もしかしたら地域によって差があり、残っているところにはまだたくさんあるのかもしれません。
きちんと探せばまだまだたくさん見つかるのではないか、と思っているのですが。

この記事では、今までに見つけた四例のうち二例を紹介しました。残る二例はいずれ機会があれば紹介しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です