清水経由・清水行き

image
目黒区内を走る路線バスに、「清水」という名がからんだ路線がいくつかあります。

調べてみましたら、清水バス停にはじつに七系統が通過発着しているようです。その名の由来になっているのが、この清水稲荷です。

image
区が設置した説明板によると、明治三十年ごろから稲荷が祀られていたそうで、近くに清水が湧いていたことからこの名になったのであろうとの由。
湧いた水はこのように流れ下り、川となっていきます。

image
かつては、現在祠が祀られている場所よりも上流寄りに祠があったそうで、じっさい上流側に水路跡のような路地が続いています。

思い返せば私たちが暗渠探検を始めたばかりの頃、この界隈へもやってきたことがありました。当時は(今もか……)地形を読んだり、仔細に地図を見たりせず、野生の勘(笑)だけでがつがつ歩き回っていたのですが、我ながらいい勘してました。

それにしても水に縁のある弁財天ではなく、稲荷を祀ったというのは興味深いところです。谷戸の地形のため池がなかったせいでしょう。同じ目黒区内にある清水池では、弁財天が祀られています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です