調布浄水場の痕跡

IMG_0008多摩川台公園にやってきました。

多摩川を見下ろす見事な眺望の台地に、亀甲山古墳をはじめとした古墳群、調布浄水場というふたつの大きな“遺跡”が見どころです。


IMG_0038浄水場の沈殿池、濾過池の外形をほぼそのまま残しつつ、公園として整備されています。地下の配水池も(見ることはできませんが)残されているようです。

IMG_0040ところどころに当時の脱気筒も残されています。

IMG_0041頭頂部は擬宝珠のようでもあり、なにかの花の意匠のようでもあり。
こういうところにさりげなく装飾を入れるあたりが、古今を通じて水道事業の洒落たところです。

そもそも私が初めてここに来た時には、まったく予備知識がない上に現在ほど整備が行き届いておらず、点在する痕跡をひとつひとつ見つけては唸るばかりでした。
余計な情報がないほうが、自分でいろいろ探索できる愉しみがあるので、あえて下調べをせずにうろつきまわるのが私のやり方です。

その後何度もここを訪れて、もはや見つけるものなど残っていないと思っていたのですが……。

IMG_0010
少し離れた遊歩道の一角に、コンクリートの構造物が半ば埋もれているのを見つけました。

IMG_0012
砂利の含有率の高い、古そうなコンクリートです。
これも浄水場の遺構のようですが、決して意図的に残したものではなさそうです。

IMG_0032
その延長線上の潅木の中に、使われなくなって久しいコンクリートの樋が!

おそらく浄水の工程で出た汚泥水を流していた水路の痕跡でしょう。
説明板を付されるでもなく、保護されるでもなく、こうして無造作に放置されている遺構が見つかるのは嬉しいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です